音楽の後ろにいる人々

音楽の裏側:ウィル・アッカーマンとリラックスした音楽

By Angela Bird
「私の商売道具は感情です」 - ウィル・アッカーマン

ウィル・アッカーマンは、40年以上に渡って瞑想的なギター音楽を作り演奏してきました。スタンフォード大学のキャンパス内で音楽をカセットで売っていた初期の頃から始まり、世界中のファンの心に触れながら、あらゆるジャンルのミュージシャンと一緒に仕事をし、世界中を駆け巡ってきました。

ニューエイジ音楽の誕生と進化

ウィル・アッカーマンは、ダウンテンポのアコースティックギター音楽のパイオニアです。

1970年代の終わりごろ、ウィルは「ニューエイジ」音楽と呼ばれるものの最先端にいました。フォークやポップではなく、ジャズやロックでもない音楽です。当時はジャンルの分類がなされていなかったアコースティックギターの音楽です。1976年、ウィルはウィンダム・ヒル・ミュージックを設立しました。ウィンダム・ヒルとの時間を思い出してウィルは言いました。「私は、アーティストたちのグループが完全に自分自身でいることのできるスペースを作ったという事実を誇りに思っています」。

80年代から90年代にかけて、ウィンダム・ヒル・ミュージックの人気は急上昇し、数多くのユニークなアーティストと契約し、幅広いディスコグラフィーを生み出し、世界中で何百万枚もの売り上げを記録しました。ウィンダム・ヒル・ミュージックは「ニューエイジ音楽の文字通りのイメージキャラクター。」となりました(フェイスブック)。ウィルは、インタビューではニューエイジという用語を避けてきました。ニューエイジは、スタジオで制作されたものでも、誰かの寝室で制作されたものでも、控え目でリラックスしたインストゥルメンタル音楽を見つけるための宝探し袋となりました。ジャンルの人気が急上昇するのと同時に、ウィルは一歩後退し、1992年にウィンダム・ヒルの利益を売却しました。

それ以来、ウィルはアレックス・デ・グラッシ、ジョージ・ウィンストン、マイケル・ヘッジス、リズ・ストーリーなどのアーティストと協力しながら、音楽のプロデュースと作曲を続けてきました。作曲家およびプロデューサーとしての彼の作品は、グラミー賞に6度ノミネートされました。彼の2004年のアルバム 「Returning」は、「ベストニューエイジアルバム」で2005年度のグラミー賞を受賞しました。ロバート・ボン・ベルネウィッツとのインタビューの中で、ウィルはグラミー賞の受賞をどのようにして知ったのかについて語りました。ウィルがユニバーサルクラシックジャズの会長からグラミー賞の受賞を知らせる電話を受けたとき、彼と彼の妻スージーは彼らのお気に入りのモントリオールのレストランで夕食を食べていました!ウィルは目に涙を浮かべながらテーブルに戻ってきました。彼らの友人であるレストランのオーナーは、「レストランの全員のためにシャンパンを開くことになりました。」またそれが誰なのかは言わずに「私の友人はグラミー賞を受賞したばかりです!」と言ったのでした。

Calm Radioでウィル・アッカーマンを探す

「私の音楽は派手であることについてではなく、メロディーや感情的なコミュニケーションに関するものになるでしょう」と言った通り、彼は自分の作る音楽について常に一貫しています。

彼のインストゥルメンタルギター音楽は、ニューエイジのジャンルが初めての人にも親しみやすく、また瞑想的で雰囲気に溢れています。ちょっとの静かな時間さえあれば、誰でもこの瞑想的で心を動かすリラックスした音楽を楽しむことができます。ウィル・アッカーマンは、Calm Radioがソロギターのリラックスしたチャンネルでフィーチャーしていることを光栄に思う、ユニークなアーティストです。Calm Radioでこちらから、このチャンネルとその他の多くのリラックスできる音楽チャンネルを無料でお聴きください。

24時間365日無制限の端末で無制限のチャンネルを視聴

インターネットがない環境でも、お好きな場所でオーディオをお楽しみください。Calm Radioは、ユニークなオーディオ体験を提供しています。-癒しの音楽、ネイチャーサウンド、リラックスできる環境-お仕事も、集中も、リラックスも、寝ることもすべてできます。

  • Windows
  • macOS
  • Android
  • iOS
  • Alexa
  • Sonos
  • Apple TV 4
  • Roku