健康 - JP

耳鳴りがする時

By Eric Harry

Calm Radioは、静寂を避けるための音のエンリッチメントメソッドとして、医療関係者と患者の双方から利用されています。寝ている間の静寂を避けるために、Beach WavesチャンネルやWhite Noiseチャンネル、その他の環境自然音などのCalm Radioネイチャーサウンズを中~低音量で、寝ている間や家や職場でバックグラウンドで試すことができます(以下のリストからお勧めのローテクインターネットラジオをお試しください)。

White Noiseチャンネル - このスペクトルは、バックグラウンドで不快なく聴ける耳鳴りのための優れたマスカーチャネルです。まず耳鳴りの音のちょうどすぐ下音量にボリュームを合わせ、それから数日かけてチャンネルの音量を少しずつ下げていってみてください。あなたの耳鳴りの強度も低下していることに気がつくかもしれません。

サウンドエンリッチメントは、耳鳴り治療(TRT)の必須部分です。 耳鳴り再訓練療法(TRT)は、サウンド療法を含む耳鳴り管理のためのプロトコルです。

Calm Radioは海の波、雨、風、クジラ、オオカミ、ホワイトノイズ、小川など、仕事やリラックスしながらバックグラウンドで聴くことができる60以上の環境音を使用し、TRTのためのツールとして利用されています。私たちの4トラックマルチミキシング技術はまた、あなたに最適なものに合わせ、異なる環境音の独自のカスタムミックスを作成して保存することもできます。

ここでの重要なメッセージは、無音を避けることです。無音状態は、雑音がないため耳鳴りがより大きく聞こえてしまいます。耳栓はお勧めできません。これは、中枢聴覚系の感度を増幅(ゲインの増加)させ、外部音をより大きくするため、一番やってはいけないことです。耳鳴りの症状を悪化させ、より大きく感じるようになるのです。


ストレスの軽減

ストレスは耳鳴りを増加させる傾向がある。リラックスがうまく出来ないという人が多くいます。Calm Radioリラクゼーションチャンネルのリラクゼーションカテゴリーから、マントラ、オーム、オーラ、ヒーリングなどを聴くことで、リラックスする能力を高めることができます。

ストレスは耳鳴りを増加させる傾向があります。可能な限りあなたの人生におけるストレスを最小限に抑え、ストレスの多い出来事にどのように反応するかを改善させる方法を学びます。深呼吸や漸進的筋弛緩法などのリラクゼーションエクササイズの日々の練習で、リラックスする能力を向上させることができます。マインドフルネス瞑想も、耳鳴りや他の経験にうまく対処するのに役立ちます。

本を読んだり音声録音を聞いたりして、リラクゼーションとマインドフルネスに基づいたストレス軽減策を自分自身で学ぶ人もいます。その他の人は経験豊富な専門家からこれらのテクニックを学ぶことを好みます。

耳鳴りを抱える人々の約半数が、眠りに就くことが難しいと報告しています。眠っている間の静寂を避けるため、バックグラウンドでCalm Radio Atmospheresを流してみましょう。たとえば、Beach Wavesチャンネルが人気です。

睡眠を改善する方法:

外光を遮断する遮光カーテン
寝室の明かりをなくす...例えば、目覚まし時計のLEDを覆うマスキングテープ
ベッドで本を読む
ニュース番組を避ける
眠いときだけ寝る
毎晩同じ時間に寝る
毎日同じ時間に起きる
昼寝を避ける
時計を避ける
寝室にコンピュータ、携帯電話、テレビを置かない(電磁波やwifi電波を避けるため)
室温を約18℃に保つ
カフェイン、アルコール、ニコチンを制限してください。これらはすべて、神経症的習癖パターンを起こす可能性があります
眠れないという不安を取り除く
波の音や環境自然音を中~低音量で再生します(ローテクのインターネットラジオを使用)

リソース - http://www.mayoclinic.org
https://canadianaudiology.ca
http://tinnitus.org

聞こえない音に慣れるということは不可能なため、耳鳴りが起きているときは音で塞いだり遮断したりしないことが重要です。聴覚過敏を持つ多くの人々は、外部の環境騒音を嫌うため、無音の中で過ごすことが多いです。耳栓*を用いる人もいます。これは、中枢聴覚系の感度を増幅(ゲインの増加)させ、外部音をより大きくするため、一番やってはいけないことです。聴覚過敏症では、通常TRTで訓練された人によってバイノーラルホワイトノイズ発生器を装着してもらうことが不可欠です。重大な耳鳴りの治療にも頻繁に必要とされます。歪んだ音楽のテープを聴いたり、耳鳴りを完全に塞ぐための装置を使用するなどの、間違った種類のサウンド療法が実際には時に有害である可能性があることを認識しておく必要があります。

海や雨のような音を生み出す商用デバイスは 非常に便利ですが、誰もが個人の好みを持っています。テレビやラジオを常時つけっぱなしするのは、実際には解決になりません。これは、時に刺激的で侵入的な傾向があり、存在するかもしれない耳鳴りを隠してしまうことがあります。聴覚障害の原因となる重大な聴力損失がある場合、患者は適切な補聴器で増幅する必要があります。これらは「ベストプラクティス」によって適切に適合されていなければならず、両耳が可能な限り均等に均衡していなければなりません。

*耳栓は、騒音レベルが誰にとっても有害であることが分かっている場合にのみ着用してください。あなたが耳栓を長期間使用していた場合は、一定期間かけて徐々に耳栓の使用を減らしてください。


食事制限とサプリメント

食生活の変更やビタミンB、マグネシウム、亜鉛などのサプリメントの使用は、耳鳴りの排除に一貫して有効であるとは示されていません。

一部の人々は、コーヒーのような特定の食品が耳鳴りを悪化させることを懸念しています。これは通常事実ではありません。あなたが耳鳴りの原因となっている可能性があると考えている特定の食品や飲両を2週間絶ってから、その食品や飲み物を再摂取すると、その飲食物が耳鳴りと関連しているかどうかが分かります。カフェインからの突然の離脱は、頭痛や疲労などの独自の副作用を伴う可能性があることに注意してください。

耳鳴り治療のオプション

耳鳴りの管理を助けるように設計された体系的治療法がいくつかあります。

認知行動療法

認知行動療法(CBT)は、不愉快な感情や反応の原因となるネガティブな自動思考を特定し、変更するよう教えてくれます。耳鳴りを聞くたびに頭にうかぶ最初の考えがネガティブなもの(「耳鳴りのせいで聞こえない」または「私は耳鳴りのせいでリラックスすることができない」など)であれば、耳鳴りに対してネガティブに感じるようになります。耳鳴りに対する考え方を変えることによって、耳鳴りへの感じ方を変えることができます。 CBTは耳鳴りの苦痛を軽減するのに非常に有効であることが示されています。

CBTは、通常、CBT技術で訓練された心理学者または臨床カウンセラーによって教えられます。 CBTは、通常、聴覚医によって提供されるサービスではありませんが、あなたの地域社会のカウンセラーや心理学者を通じて提供されているかもしれません。 CBTはまた、以下で説明する、プログレッシブ耳鳴りマネージメントの構成要素でもあります。

耳鳴り再訓練療法

耳鳴り再訓練療法(TRT)は、サウンド療法と教育カウンセリングを含む耳鳴り管理のためのプロトコルです。 TRTプログラムの参加者は、耳鳴りに関する個別のカウンセリングと、耳鳴りの認識を軽減するための音の使い方に関する指示を受けます。理論的には、カウンセリングとサウンドセラピーの組み合わせは、耳鳴りの検出に関与する脳の神経回路網を再トレーニングするのに役立ちます。 TRTの目的は、耳鳴りに対する覚醒と耳鳴りに対する反応(耳鳴りの習慣)を減らすことです。聴覚士はTRTトレーニングコースを受講し、TRTプロバイダーとしての資格を得ます。

TRTはVeterans Affairs CanadaとWorksafeBCに認められています。認識された耳鳴りの主張を訴える者は、これらの組織からTRTの補償を要求することができます。

マインドフルネス瞑想

マインドフルネス瞑想は、過去にこだわったり将来起こるかもしれないことを推測するよりも、個人が自分の意識的な注意を、今、ここに向けるよう教えることを目指しています。マインドフルネス瞑想の背後にある原理は、私たちが持っているものすべてが現在であり、今の瞬間は、自分自身の内外で起こっていることにどのように反応するかを変える能力を持っているということです。私たちは、聴覚、感情、知覚(耳鳴りを含む)を判断や反応なしに体験することを学ぶことによって、苦痛を排除または軽減させることができます。

マインドフルネスに基づいたストレス軽減(MBSR)は、マインドフルな意識を高めることに焦点を当てたグループプログラムです。一般的に、コースは10〜40人のグループで8週間にわたって構成されています。 MBSRは、慢性的に健康な状態の人や一般的に健康な人の健康を向上するために使用されています。英国耳鳴り協会の資金提供を受けている研究では、耳鳴り管理のためのMBSRの有効性を検討しており、耳鳴り管理のための少なくとも1つのオンラインMBSRコースが試験的に実施され、肯定的な結果を示しています。

プログレッシブ耳鳴りマネージメント

プログレッシブ耳鳴りマネージメント(PTM)は、「段階的ケア」アプローチです。 PTMは、耳鳴りに対する反応を管理することを学ぶために、耳鳴りを有する全ての人が同じレベルの介護を必要とするわけではないことを認識しています。一部の患者は、聴力評価と、場合によっては補聴器のみを必要とすします。より多くのケアを必要とする患者には、聴覚医と心理学者の両方によって提供される技能教育が提供されます。心理学者がCBTに基づいた対処法を教え、聴覚医は音を使用するための方法を教えます。さらに多くのケアを必要とする患者は、聴覚医および心理学者による徹底的な査定と、必要に応じて1対1のカウンセリングセッションを受けます。

サウンドエンリッチメント

サウンドエンリッチメントは、すべての再訓練療法の重要部です。 24時間に渡ってバックグラウンドに存在するべき適切な音を選択することは容易ではありません。重要なのは無音状態を避けることです。これは一部の患者にとって、特に簡単ではありません。音の環境を豊かにする方法はたくさんありますが、刺激的でも介入的でもない音でなければなりません。最高の音は自然音のようなものです。夏には窓を開けることができます。そうでなければ、大きなゆっくり動く家庭の扇風機またはラジオからの音が適しているかもしれません。

24時間365日無制限の端末で無制限のチャンネルを視聴

インターネットがない環境でも、お好きな場所でオーディオをお楽しみください。Calm Radioは、ユニークなオーディオ体験を提供しています。-癒しの音楽、ネイチャーサウンド、リラックスできる環境-お仕事も、集中も、リラックスも、寝ることもすべてできます。

  • Windows
  • macOS
  • Android
  • iOS
  • Alexa
  • Sonos
  • Apple TV 4
  • Roku