場所

不協和音:バロック音楽スキャンダル

By Joelle Morton

17世紀の幕開けと共に、巨大な音楽論争が起きました。著名な作家ボローニャ(Bologna、1600)は、「現代音楽の不完全性」について、完全に「野蛮」であり、「自然に対する罪」であると宣言しました。

何がこんなにもこのような怒りを招いたのでしょう?主な論点は、聞き手の注意を引き、テキストの意味を強調する方法として使われた、不協和音(不快音、特に前触れなくやってくるもの)でした。

 

作者が参加した、不特定の作曲家によるマドリガルの演奏は、何百年もの間守られてきたあらゆる種類の規則を破るものでした。彼は、それが「耳障りで、聴き心地の悪い」「衝撃的な音」にさらされたことは非常に馬鹿げていると考えました。

 

彼の手紙は多くの注目を集めましたが、賛否両論でした。特に、主な目的が聴衆に神を讃え、感動的な崇拝の方法として畏敬の念を抱かせることである宗教音楽と関係があるような人たちは、彼に賛同しました。しかし、他の多くの人たちは、人生そのものが乱雑で複雑であり、音楽はあらゆる種類の人間の経験や感情を伝えることができるべきだと、同じくらい強く感じていました。

議論は炎上し、元のマドリガルの作曲家が、所有権と責任を取り戻すために十分なサポートと勇気を集めるにはしばらく時間がかかりました。しかし、1607年、クラウディオ・モンテヴェルディは、彼の構成的スタイルは意図的であり、「心と感覚の両方を満足させる」ために作られたと言い、まさにそれを行いました。彼は、古いスタイルは調和の完璧さに焦点を当てたものである一方、新しいスタイルはメロディーを中心にしており、「言葉は調和の女王」だと説明しました。

モンテヴェルディの不協和音の使用は21世紀の耳にはやや単調に感じるかもしれませんが、彼のアプローチは当時ではとても目新しいものでした。モンテヴェルディの言葉「真実の基盤に基づいて建てられた」にある「メロディー」と「伴奏」の明確な認識を確立しました。このアプローチは、過去400年にもわたり全ての種類の音楽においての拡大のために続いてきた、より豊かな調和的言語と音楽の幅への扉を開きました。

24時間365日無制限の端末で無制限のチャンネルを視聴

インターネットがない環境でも、お好きな場所でオーディオをお楽しみください。Calm Radioは、ユニークなオーディオ体験を提供しています。-癒しの音楽、ネイチャーサウンド、リラックスできる環境-お仕事も、集中も、リラックスも、寝ることもすべてできます。

  • Windows
  • macOS
  • Android
  • iOS
  • Alexa
  • Sonos
  • Apple TV 4
  • Roku