健康 - JP

Calm Radioからの集中のための7つの勉強ガイドと音楽のヒント

By Angela Bird

良い仕事と勉強の習慣を学ぶのは大事なことです!勉強中に集中力を保つことに挑戦しているなら、どうか続きもお読みください。勉強音楽のおすすめから組織内で使えるハックまで、生産性を高めるための7つのヒントをご紹介します。

1. 勉強音楽を使用して学習スペースとリラクゼーションスペースを区別する

学校の年度中は、毎日1〜2時間快適に座れる場所を確保しましょう。十分に明るく、適度に快適で、できる限り整頓されていることを確認してください。専用の作業スペースを持つことは、脳が仕事を続けられるようにするための強力な鍵となります。

作業スペースを整えることには、勉強のための集中音楽も含まれるでしょう。Calm Radioには、全体として勉強やその他の集中のための音楽に焦点を当てているセクションがあります。勉強用ピアノ映画スコア映画スコアその他多くの勉強音楽チャンネルから選択いただけます。これらのチャンネルでは、さまざまなクラシック音楽、集中用ビート、また現代のインストゥルメンタル音楽を使用して、心を集中させ、鋭くします。

2. 自分の生活を整理する

予定表、デスクトップカレンダーを使用すると、整理された状態を保ち、締め切りを前もって確認できます。学期の初めに、良い習慣でスタートし、すべての課題とプロジェクトの締め切りを記入し、中間試験と最終試験の日付を書き留めます。テーマごとに色分けし、これを毎日チェックすることで待ち受けている締め切りを一目で確認できるツールとしましょう。学期の初めに一時間ほどかけて時間割の計画を立て、やるべきことを書き留めましょう。

3. 勉強の準備

この勉強セッションに必要なものすべてを備えた作業スペースを準備しましょう。すべてのメモや教科書を集めて、手元にパッドと紙を用意し、ノートパソコンが充電器に接続されていることを確認し、コップ1杯の水を用意したら準備完了です。

鉛筆や電卓が散らばっていたり、ノートパソコンの電源が突然落ちてしまったりすると、流れが途切れ、貴重な学習時間が奪われてしまう可能性があります。

4. 勉強の優先順位を決定し、ゴールを設定する

- どのくらいの時間をかけて取り組むつもりでいますか?
- 最優先で取り組むべき課題は何ですか?
- どの科目にどのくらいの時間をかけて取り組みますか?

5. 邪魔を取り除く

雑音の多い環境では気が散ってしまいます。家の中が慌ただしい場合は、音響調節をお試しください。ここでは、ホワイトノイズとピンクノイズの用途と利点について説明しています。 Calm Radioのホワイトノイズチャンネルをストリーミングすることは、隣の部屋からの料理や声の雑然とした音を隠すのに最適な方法です。

携帯の通知音をサイレントにし、手の届かない見えない場所に置きます。携帯は、注意散漫の最大の理由になります。携帯のヘビーユーザーで、携帯を手元に持っていないことで不安を感じるという場合は、15分間のしっかりとした勉強時間を取るたびに自分に2分間のご褒美を与えましょう。その休憩までの時間を徐々に増やしていき、20~30分を目指しましょう。

携帯をチェックしたいという誘惑に負けてしまうのではなく、目を閉じて深呼吸をしましょう。4秒間かけて息を吸い、4秒間かけて吐きましょう。

6. 勉強スケジュールを守る

習慣にしましょう!毎日同じ時間に勉強する期間を設けましょう。放課後でも夕食後でも、素晴らしい勉強音楽で定期的に勉強することは決して面倒なことではありません。勉強に必要な時間が短い日もあれば、さらに数時間勉強する日もあるでしょう。

7. 休憩を取る

勉強の合間で休憩を取ることは、特に欲求不満やエネルギー不足を感じている場合、脳をリセットするのに役立ちます。外に出たり、体を動かしたり、おやつを食べたり、携帯をチェックしたりしましょう。休憩の終了を知らせるタイマーを設定して、勉強に戻るようにしましょう。

自分自身への忍耐を学びましょう。これらが自然に出来なくても心配はいりません。次の勉強セッションで、これらのヒントのうちのどれか一つを試すだけでも素晴らしいスタートとなります。さまざまな集中音楽や勉強音楽を試してみて、自分に合ったものを見つけましょう。

24時間365日無制限の端末で無制限のチャンネルを視聴

インターネットがない環境でも、お好きな場所でオーディオをお楽しみください。Calm Radioは、ユニークなオーディオ体験を提供しています。-癒しの音楽、ネイチャーサウンド、リラックスできる環境-お仕事も、集中も、リラックスも、寝ることもすべてできます。

  • Windows
  • macOS
  • Android
  • iOS
  • Alexa
  • Sonos
  • Apple TV 4
  • Roku