音楽の後ろにいる人々

ヴィヴァルディ:春を祝うための理想的なクラシック音楽

By Ryan Spooner
「そこに言葉はなく、あるのは音楽だけです。」 アントニオ・ヴィヴァルディ

春がやってきました。例年より少し早いのですが。実際に、2020年の春の初日は3月19日で、過去100年以上のどの年とも異なっています。

この春は、より重要な意味でも異なっています。現在の新型コロナウイルス感染症の大発生により、春のお祝いは、慣れ親しんでいるようにはいきません。春の句を書くのは変に感じられるかもしれませんが、今は自分に対してだけでなく、周りに対しても優しさを育む理想的な時期です。

私たちは、この瞬間に自然の優しさに光を当て、冬の過酷さ(ここカナダの私たちには間違いなく当てはまります)を晴れた日を前にして忘れ去りたいのです。また、春の光景、音、そして感情をヴィヴァルディほど上手く捉えられる作曲家はいません。

彼の四季(イタリア語:Le quattro stagioni)の少なくとも一部は聴いたことがあるはずです。この四曲のヴァイオリン協奏曲の音楽は、世界中の少なくとも100の映画やテレビ番組、無数のコマーシャル、結婚式で使用されています。よく耳を傾けてみると、どこかで聞いたことがあるはずです。

1725年に出版された四季は、一年のそれぞれの季節を音楽的に表現しています。ヴァイオリン、チェロ、フルート、リュート、その他の楽器のための500以上の協奏曲、90のソナタ、46のオペラ、および宗教的合唱作品と室内楽の大規模なコレクションの中で、彼の最も有名な作品として君臨し続けています。

特に春を想いながら四季でお祝いをする前に、ヴィヴァルディと彼のクラシック音楽への影響についてもう少し知っておきましょう。

バロックの巨匠

アントニオ・ヴィヴァルディは、バロック時代の最も偉大な作曲家の一人と言われています。彼の影響は、彼の生涯の間にヨーロッパ中に広まりました。

ヴィヴァルディは、1678年3月4日にイタリアのヴェネツィアで生まれました。同日、大地震が発生したため、生まれたばかりのヴィヴァルディは出産直後に幼児洗礼を受けたのでした。

彼は15歳で司祭になり、父親から受け継いだカールした赤毛から「赤毛の司祭」として知られるようになりました。健康状態が悪かったため、一年半で聖職を退きました。

ヴィヴァルディの最高の称賛者の一人はヨハン・ゼバスティアン・バッハでした。バッハは、キーボード、弦楽器、オルガン、またチェンバロのためにヴィヴァルディの協奏曲のいくつかを書き起こしました。

悲しいことに、ヴィヴァルディは63歳で貧困のうちに亡くなり、1741年にウィーンで簡単な葬儀が行われました。1783年には墓地が放棄され、1818年にその敷地内にウィーン工科大学が建てられました。今日では、この傑出した作曲家の埋葬地を記念して、壁に銘板が設置されています。

不朽のクラシック音楽:四季

ヴィヴァルディは、1723年に彼の最も有名な一連のヴァイオリン協奏曲「四季」を作曲しました。協奏曲のインスピレーションは、おそらくイタリアのマントヴァ周辺の田舎でした。

この協奏曲は、四季それぞれの生き生きとした本質を美しく捉えています。ヴィヴァルディは、季節ごとに原稿に詩を書きました。それぞれの季節には、次の順序で三つのテンポの変化が含まれています:速-遅-速。

四季協奏曲の注目すべき革新的な点は、その標題音楽としての並外れた想像力です(ヴィヴァルディは、形式的な構造に細心の注意を払いながらバランスをとることに成功しました)。

春の美しさ

この音楽が時代を超越しているのは、音楽を超えた何かを呼び起こす力を持っているからでしょう。正式には標題音楽と呼ばれるこの音楽は、ヴィヴァルディが十分に洗練されているものであると証明したことにより、芸術形式として真剣に受け止められるようになりました。

春を聴くのは、自然界に足を踏み入れ、季節の光景や音、匂いを感じるようなものです。それらは音楽という概念そのものの革命でした。流れる小川、鳥のさえずり、吠える犬、泣いている羊飼い、嵐、これらはすべて、弦楽器を通して非常に鮮やかに表現されています。

ヴィヴァルディは、音楽を詩のテキストに関連付けるために、詩の行自体をページ上の音楽に直接翻訳するのに非常に苦労したようです。ヴィヴァルディ自身がテキストを書いたと考えられています。

詩を読んでから音楽を聴くのは、聴いている音楽を一変させることができる素晴らしい方法です。これが春のソナタです:

春がやってきた。
鳥たちは彼女の帰りをお祝いの歌で迎え、
せせらぎの流れは
そよ風に優しく愛撫される。
雷雨、春の知らせ、轟音、
彼らの暗いマントを天に放り投げ、
それから彼らは沈黙の中へと死んでいき、
鳥たちはその愛らしい歌をもう一度拾い上げる。

花咲き誇る草原で、緑豊かな枝は
頭上でざわめき、ヤギの群れは眠り、
彼の隣には彼の忠実な犬。

素朴な牧笛の陽気な音に導かれ、
ニンフと羊飼いが軽やかに踊る
春の鮮やかな大空の下で。

春の到来を待ちわびながらこの協奏曲を流すと、鳥と小川の合唱が響く典型的な春の日の明快さとさわやかさを出迎えましょう。鳥たちの歌声がすぐにその力を取り戻すことを知っているので、突然の雷雨も受け入れることができます。厳しい冬の後の動物と植物の復活を祝って、活気溢れるカントリーダンスを大いに楽しみましょう。日の光を出迎える、これ以上の方法は考えられません。

Calmでバロッククラシック音楽を聴く

私たちのバロックチャンネルで、ヴィヴァルディと彼の同時代の作曲家たちに耳を傾けましょう。

バロック音楽は「クラシック音楽」のカノンの主要部分を形成し、広く研究され、演奏され、視聴されてきました。ヴィヴァルディに加えて、ヨハン・セバスチャン・バッハ、ジョージ・フリデリック・ヘンデル、アレッサンドロ・スカルラッティ、ドメニコ・スカルラッティ、ゲオルク・フィリップ・テレマン、ジャン=バティスト・リュリ、アルカンジェロ・コレッリ、フランソワ・クーペリン、デニス・ゴーチエ、クラウディオ・モンテヴェルディ、ジャン=フィリップ・ラモー、そしてヘンリー・パーセルがいます。

Calm Radioに無料メンバーシップまたはプレミアムメンバーシップでサインアップして、このチャンネルとその他のリラックスしたクラシック音楽のすべてを体験しましょう。

ご視聴をお楽しみください!

24時間365日無制限の端末で無制限のチャンネルを視聴

インターネットがない環境でも、お好きな場所でオーディオをお楽しみください。Calm Radioは、ユニークなオーディオ体験を提供しています。-癒しの音楽、ネイチャーサウンド、リラックスできる環境-お仕事も、集中も、リラックスも、寝ることもすべてできます。

  • Windows
  • macOS
  • Android
  • iOS
  • Alexa
  • Sonos
  • Apple TV 4
  • Roku