音楽の後ろにいる人々

ヨハン・セバスチャン・バッハの魅力的な人生

By Juan Saenz

ヨハン・セバスチャン・バッハ(1685-1750)は、西洋のクラシック音楽の歴史全体において間違いなく最も尊敬されている人物であり、さまざまな場面で「音楽の父」と呼ばれ、フレデリック・ショパンやヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトなど他の作曲家たちからも、重要なインスピレーションとしてしばしば言及されています。

イギリスの指揮者であるジョン・エリオット・ガーディナー卿(バッハの音楽の世界有数の解釈者の一人)が述べているように、「作曲家としてのバッハの純粋な偉大さは困惑するほどであり、多くの点で普通の人間の業績とはスケールがまるで違います」。この言葉には、いくら同意しても同意し足りません。バッハが作曲家として成し遂げたことは未だかつて前例がなく、おそらくこの先も、他の人間のものとは比べることもできないでしょう。彼の業績は幅広く、一言では上手く言い表すことができないようなクラシック音楽作品の巨大な集成の構成を含みますが、彼の作品という純粋な記念碑よりもさらに目を見張るべきは、彼のこれらの作品の作曲における一貫性とスピードのレベルです。バッハの生涯分の作品は、広範な音楽学的研究の対象であり、現代のカタログにおいては、多くが失われてきた中で今日まで生き残った1100を超える完成した作品が掲載されています。

ヨハン・セバスチャン・バッハは、彼の長い人生(65歳というのは18世紀においては長長寿でした)の道のりの中で、ほとんどは教会のため、そしてときには個人のパトロンのために働きました。したがって彼の作品は、数百にも及ぶカンタータ、受難曲、ミサ、コラール、またモテットを特徴とする宗教的な声楽や教会音楽の伝統と深い関連を持ちます。彼はまた、特に彼が習熟していた楽器であるチェンバロ、オルガン、ヴァイオリンのための器楽曲において多作な作曲家でした。協奏曲、組曲、パルティータ、オルガン前奏曲、インヴェンション、プレリュード、またフーガは、他の誰一人として足元にも及ばないほどのクオリティと内容の統一したレベルを備え、カタログ内の彼の溢れるほどの数百曲を構成しています。

コンサートに向かって歩いた450キロ

バッハの人生の最も興味深いエピソードのいくつかのご紹介のはじめに、有名な450キロ歩いたという逸話をご紹介します。1705年、バッハは、20歳の若さですでに音楽家として成功を収めていましたが、それでも彼は、学べることがまだたくさんあると信じていました。非常に尊敬されていた当時68歳のオルガン奏者で作曲家のディートリッヒ・ブクステフーデがドイツ語で夜の音楽を意味する「アベンドムジーク」というタイトルの下で一連のコンサートを開催するという知らせが広まったとき、若きバッハは確固たる決意とともに、アルテ・ザルツ通りを通ってリューベックまで歩きでの長旅に出ました。それは彼が当時いたアルンシュタットの地点から450キロも北にあり、歩いて向かうには間違いなく長い旅でしたが、決意の強さは間違いなくバッハの大きな資質の一つでした。この旅はこの若き作曲家にとって非常に実り多いものとなりました。年上の巨匠と遊んだり、彼から学んだり、作品のいくつかをコピーしてさらなる勉強のための資料としたり、彼のコンサートで演奏をする機会も与えられました。

バッハの子供たち

ヨハン・セバスチャン・バッハは、長い音楽家の血筋から生まれました。彼の家系はプロの演奏家と作曲家たちで溢れています。最も特筆すべきは、彼の父ヨハン・アンブロジウスがエルフルトのヴァイオリン奏者で、アイゼナハの町の音楽家の監督でもあったということです。また、この血筋は彼で終わることはありませんでした。実際にヨハン・セバスチャンはおよそ20人もの子供をもうけましたが、当時一般的であったように、そのうちの数人は成人するまで生きることができませんでした。それでも、十分長生きした子供たちのうち、4人が有名な音楽家となりました。彼らです:

  • カール・フィリップ・エマヌエルは、バロック音楽時代から古典主義への移行期の重要人物と見なされており、多感様式または「繊細なスタイル」としても知られる、表現力豊かで修辞的な傾向を持つ、劇的で熱のこもった器楽曲の新たなスタイルを発展させました。
  • ヨハン・クリスチャンは「イングリッシュ・バッハ」とも呼ばれ、ロンドンで作曲家また演奏家としてのキャリアを築き、結果としてモーツァルトの協奏曲に重要な影響を及ぼしました。
  • ヴィルヘルム・フリーデマンは、バッハの教則的作品の多くを最初に受け継いだ人物として最もよく知られています。彼は偉大なオルガン奏者で作曲家でもありましたが、金銭的な問題により貧困の中で亡くなりました。
  • 最後に、ヨハン・クリストフ・フリードリヒは、バッハの息子たちの中で最もクラシックらしい人物でした。彼は、父親の仕事において非常に重要だった教会からは離れ、もっぱら貴族のパトロンたちの下で働きました。

獄中のバッハ

バッハの人生における興味深い出来事は、通常はあまり言及されていない話ですが、彼が刑務所に入れられていたエピソードでしょう。1717年、バッハはコテンのレオポルド王子の宮廷で楽長としての新たな職を手にしました。しかし、当時の雇い主であったヴィルヘルム・エルンスト公は彼の辞意を受け入れることを望まず、バッハは自分が適切と判断すればいつでも辞職する権利があると主張し続けたため、緊張は高まり、公爵はこの作曲家を逮捕することを決めたのでした。その期間中に、彼の最高傑作「平均律クラヴィーア曲集」の一部が作曲されたとも言われています。それでも、バッハのこの四週間の刑務所での刑期中の実際の詳細は謎に満ちており、不透明と言わざるを得ません。

コーヒー愛

この作曲家にまつわる最も興味深く奇妙なエピソードの中には、「コーヒー・カンタータ」として知られるエピソードがあります。バッハの生産性が高かったのは、彼が一日に30杯以上ものコーヒーを飲んでいたことが理由だと考えられます。

広く知られているように、バッハはおよそ300曲ものカンタータを作曲し、そのうち「たった」194曲だけが生き残りました。これらのほとんどは宗教的なもので、日曜日の宗教的な集会で演奏されることが目的とされていました。あまり知られていないのは、バッハがいくつかの世俗的なカンタータを作曲したということです。そのほとんどは失われてしまいましたが、そのうち一つは残っています。バッハが楽長として在任中のライプツィヒ市の人々の間で人気が高まっていたコーヒーについての曲で、コーヒー中毒の女性の話題に焦点を当てており、風刺的かつ一般的な内容であったため、非常に高い名声を得ました。

バッハの睡眠音楽

バッハの鍵盤クラシック音楽の傑作であるゴルトベルク変奏曲も、彼の最も有名で世界的に認められている作品の一つです。作品の背後の物語は、その名声の少なくとも一部を担うものです。初期のバッハの伝記作家ヨハン・ニコラウス・フォルケルによって回想されているように、この一連の変奏曲は、ザクセン州の選挙裁判所の元ロシア大使であるカウント・キーザーリング伯爵のために作曲されたものです。このカウント氏は、ライプツィヒを訪れバッハ自身から音楽の指導を受けていたチェンバロの名手で作曲家のヨハン・ゴットリーブ・ゴールドバーグに滞在場所を提供しました。カウントは病気や不眠症になりやすかったので、彼はバッハに、眠れない長い夜にゴールドバーグに演奏してもらうためのいくつかの作品の提供を要請しました。バッハはそのために一組の作品を制作しました。これは、なだめるような睡眠のために作られたインストゥルメンタル音楽の初めて記録されたケースとなっただけでなく、変奏曲の歴史へと彼の名を刻み、このジャンルと鍵盤音楽全体の頂点として、今でも尊敬されるこの偉大な作品を後世にもたらしました。

目の手術

ヨハン・セバスチャン・バッハの最後の日々は、深刻な病気の日々でした。彼の目は白内障に苦しめられており、これは彼の作曲と演奏を困難にしました。バッハは友人の助言を受け、彼の最後の作品であるフーガの技法を完成させることを決意したのでした。バッハは、作曲家ヘンデルの目の手術をし失敗したイギリスの旅する眼科外科医ジョン・テイラーの手にその身を任せました。テイラーはその施術と彼自身の無能さにより、特に術後バッハの目に新鮮な鳩の血を垂らして痛みから回復・治癒させようとするなど、いくつかの残虐な行為を犯しました。バッハは、強烈な痛みと10日間の昏睡状態に苦しんだ後で手術からの合併症で亡くなったため、物語は暗い記録で終わります。皮肉なことに、ジョン・テイラー自身も最後には全盲になっていました。

おすすめのクラシック音楽のプレイリスト

バッハの生誕から300年以上経った21世紀においても、彼の音楽は未だに人気があり、その人気はかつてないほどです。初期の音楽演奏のムーブメントの中心的な作曲家の一人であることに加えて、バッハの教則的な作品は、今でもほとんどの楽器の主要なレパートリーとなっています。さらに、前述の指揮者ジョン・エリオット・ガーディナーやピアニストのアンドラーシュ・シフなど、世界的に有名な音楽家たちが彼の作品を称え、現代のコンサートのステージでそれらを生かし続けています。

最後に、バッハの作品は、集中力のための音楽、リラクゼーション音楽、さらにはクラシック睡眠音楽として、その実用性のあるクオリティから大衆の間で支持されています。バッハの作品の多くは、ゆったりとしたペースで、柔らかな響きを持ち、大抵は音のアタックがなく、強弱や速度に目立った変化がないため、こうした目的のためにとても自然に役立つものです。私たちがおすすめできる数多くの作品の中でも、次の作品が注目に値するものです:

  • 管弦楽組曲第3番ニ長調、BWV1068の第2楽章。(一般的にはG線上のアリアとして知られています)
  • カンタータ心と口と行いと生活
  • アリア – ゴルトベルク変奏曲
  • プレリュード – 無伴奏チェロ組曲ト長調
  • 前奏曲とフーガ第8番嬰ニ短調 – 平均律クラヴィーア曲集I

Calm Radioの数多くのオンラインクラシック音楽チャンネルは、ライトで聴きやすい音楽&睡眠音楽だけでなく、穏やかなバッハなどのバッハのクラシック音楽チャンネル、またJ.S.バッハのすべてのクラシックピアノ音楽や多くのリスナー方にお気に入りいただいているヴァイオリン・カンタータの完全なプレイリストを備えたバッハ音楽チャンネルなど、その他のチャンネルも提供しています。

ご視聴をお楽しみください!

24時間365日無制限の端末で無制限のチャンネルを視聴

インターネットがない環境でも、お好きな場所でオーディオをお楽しみください。Calm Radioは、ユニークなオーディオ体験を提供しています。-癒しの音楽、ネイチャーサウンド、リラックスできる環境-お仕事も、集中も、リラックスも、寝ることもすべてできます。

  • Windows
  • macOS
  • Android
  • iOS
  • Alexa
  • Sonos
  • Apple TV 4
  • Roku