健康 - JP

音の癒しの力:音楽と痛みのマネジメント

By Eric Harry

慢性的な痛みを抱えて暮らしている人々のために、私たちは症状を良くするために何でも試みています。慢性な痛みは毎年何百万人もの人々に影響を及ぼし、全体的な生活の質、人間関係、また毎日の活動の楽しさにも影響を及ぼしています。科学者たちは、何年も前から落ち着く音楽による痛みの治療効果を研究していて、その研究は間違いなく有用です。

リラックスした音楽はどのように痛みを和らげるのか?

過去数十年間に渡り、病院環境におけるリラクゼーション音楽の痛みに対する効果を測定するための臨床研究が行われてきました。研究は、救急病棟や患者の部屋のスピーカーから再生される音楽から、慢性的な痛みを抱えて生活している人が自宅で自分で選んで聴く音楽まで多岐に渡ります。

救急病棟における音楽療法

救急病棟は誰もが訪れたいと思う場所ではないので、医療提供者はそこでの人々の経験を改善するための良い方法を探しています。音楽療法は救急病棟の患者に、痛みの重症度の低下、不安のレベルの低下など、プラスの効果があることが示されています。トルコでの研究では、救急病棟に入院していて痛みを訴えている患者を対象に分析しました。最初のグループには落ち着いた音楽をスピーカーから再生し、次のグループには音楽を再生しませんでした。その結果、最初のグループでは痛みと不安に対する強いポジティブな効果が示され、調査対象の患者たちは、救急病棟での音楽の再生に強い感謝を表していました。

音楽の治療効果は子供たちに対しても観察されています。2013年の研究では、救急病棟で静脈内投与を受けている子供たちの音楽のある場合と標準的なケアを比較しました。リラックスしたアンビエント音楽が演奏されていた部屋では、子供の痛みのレベルはより低くなりました。最も注目に値するのは、医療従事者が「音楽を聴いているグループの子供向けの処置の実行の方がより簡単だった」と述べていることです。

患者のいるすべての場所で落ち着いた音楽を再生することは、病院における患者の痛みのレベルの減少に積極的に影響を与えるための、副作用が少なく、非常に実行しやすい手段です。

慢性痛に対する音楽の鎮痛効果

線維筋痛症候群(FMS)は、広範囲の痛み、ならびに睡眠、記憶および疲労の問題を特徴とする症状です。二つの研究では、音楽を聴くことがFMSの影響を受けている人々の痛みに良い影響を与えるかどうかを調査しました。音楽によって肉体的な痛みが軽減されたのか、それとも単に注意をそらしたりやマインドフルリラクゼーションによる痛みの抑制を容易にしたのかという質問が投げかけられるので、この研究は興味深いものです。2014年の研究では、心地よくリラックスできる音楽を聴くことによるプラスの効果が、FMS患者の活発さにおいて見られました。痛みのレベルの減少により、その個人はより行動力を示し、断然早い速度で単純な作業を終えることができました。

1日20分間、心を落ち着かせる音楽を聴くだけで、変形性関節症を患っている高齢者の痛みのレベルを大幅に軽減することができました。マックファリーとフリーマンは、「音楽を聴くことは、慢性変形性関節症の痛みを軽減するための効果的な看護介入だった」と結論付けました。

自宅で落ち着いた音楽を聴くことの治療上の利点

音楽には痛みを和らげる効果がありますが、それが脳内でどのようにして可能となっているのかは不明のままです。科学者は、あらゆる種類の痛みに対しての音楽の鎮痛効果を研究し続けています。慢性的な痛みを抱えて生活している人にとって、音楽の治療上のメリットを享受する方法はたくさんあります。

落ち着いて座ってリラックスした音楽を楽しむために、一日のうちの少しの時間を見つけてください。一日20分が理想的です。音楽は痛みから気をそらし、リズミカルな呼吸を促し、そして幸福感にも良い影響をもたらします。スピーカーをこしらえるか、ヘッドフォンを着けて、お気に入りのCalm Radioチャンネルをストリーミングしましょう。Calm Radioは、特に瞑想音楽健康音楽に焦点を当てたたくさんのチャンネルを提供しています。

24時間365日無制限の端末で無制限のチャンネルを視聴

インターネットがない環境でも、お好きな場所でオーディオをお楽しみください。Calm Radioは、ユニークなオーディオ体験を提供しています。-癒しの音楽、ネイチャーサウンド、リラックスできる環境-お仕事も、集中も、リラックスも、寝ることもすべてできます。

  • Windows
  • macOS
  • Android
  • iOS
  • Alexa
  • Sonos
  • Apple TV 4
  • Roku