魅惑のハイドン
再生 すでにアカウントをお持ちですか ログイン

魅惑のハイドン

Calm Radioは新しいEnchanted Haydn(魅惑のハイドン)チャンネルをリリースしたばかりで、この作曲家の作品の中でも最もリラックスしていて軽い作品のいくつかがあります。

ハイドンは、18世紀の世界で最も影響力のあるロマンチックな作曲家の一人でした。彼は陽気で、気の利いたユーモアのセンスがあり、それは彼の気楽な曲のいくつかにもよく反映されていました。

ハイドンの人生についての興味深い事実をいくつかご紹介します。

ラッキーな逃げ道

ハイドンの歌声は幼い頃からとても素晴らしかったので、彼はわずか5歳でウィーンにある聖シュテファン大聖堂の聖歌隊学校への入学を求められました。

聖歌隊長は、ハイドンの歌声の途切れを防ぐために去勢を受けるようにと提案してきましたが、幸いなことに彼の父親はそれを拒否しました。声変わりの後で、彼は学校を退学させられました。

モーツァルトとの友情

ハイドンとモーツァルトは互いを大きく賞賛し合い、親密な友情を築きました。モーツァルトは、四重奏形式を確立し、モーツァルトにその書き方を教えたハイドンに、彼の四重奏曲のうちの六曲を捧げました。

奇跡の交響曲

ハイドンの交響曲第96番は、歴史上で最も記憶に残るものの一つでした。劇場は、ハイドンを一目見ようと興奮している観客で満員でした。あるタイミングで、観客は有名な作曲家が良く見えるようとに急いでステージの方へと移動し、中央の席を空にしていました。その瞬間、巨大なシャンデリアが天井から落下し、ほんの数分前から空になっていた座席に衝突しました。驚くべきことに、怪我をした人は一人もいなかったのです。ハイドンは、図らずも結果として命を救った原因となったことに深く心を動かされました。

その夜から、この交響曲は「奇跡」の交響曲として知られるようになりました。

特別なお別れ

ハイドンは、彼のお別れの交響曲のために特別なフィナーレを編曲し、それは1772年に初演されました。最終楽章が終わると、ヴァイオリンの2名だけになるまで、演奏者たち一人一人が立ち上がり、ろうそくを吹き消し、ステージを去りました。これは、彼らの雇い主であるニコラウス王子への、演奏者たちは異常に長いシーズンの後で疲れ果てていて、家族の元へ帰ることを切望しているということを表すヒントでした。王子はそのメッセージを理解し、翌日彼らを解放したのでした。

今日でも、パフォーマンスにおけるこの部分は伝統として残っています。

ナポレオンによる保護

ナポレオンが1809年にウィーンを侵略したときは、ハイドンの人生の最後の年でもありました。彼は、広く知られ尊敬されていましたが、体が弱り働けないので、避難を求めるために家を出ることを拒みました。また実際には、彼はそうする必要もありませんでした。ナポレオンは、この年老いた作曲家を守るために、ハイドンの家の外に名誉の護衛を置いたのです。ハイドンはこれに深く感動し、その月の終わりに安らかに亡くなりました。

Calm Radioのリラックスしたクラシック音楽は、ハイドン、モーツァルト、ベートーベンなど数多くのクラシック音楽の作曲家、またバッハなどのバロック音楽を擁し、勉強や集中のために無料でストリーミングしてお聴きください。Calmアプリの落ち着いた音楽は、iPhone、iPad、Android、Alexa、Roku、Sonos、Bluesound、Kindle、Apple TV、その他多くの携帯アプリでご利用いただけます。

Tunein.com、Apple Music iTunesインターネットラジオ、Shoutcast、RadionomyでCalm Radioを聴くこともできます。Calm Radioは、世界最大のクラシック音楽のインターネットラジオ局です。

24時間365日無制限の端末で無制限のチャンネルを視聴

インターネットがない環境でも、お好きな場所でオーディオをお楽しみください。Calm Radioは、ユニークなオーディオ体験を提供しています。-癒しの音楽、ネイチャーサウンド、リラックスできる環境-お仕事も、集中も、リラックスも、寝ることもすべてできます。

  • Windows
  • macOS
  • Android
  • iOS
  • Alexa
  • Sonos
  • Apple TV 4
  • Roku