ショパン
再生 すでにアカウントをお持ちですか ログイン

ショパン

フレデリック・ショパンによる美しいクラシック音楽

Calm Radioは、リラックスと集中のためのクラシック音楽の素晴らしい作品群のチャンネルであるフレデリック・ショパンを発表できることを嬉しく思います。ショパンの音楽は、その美しさとリラックスしたサウンドからよく知られています。クラシックがお好きなら、すぐにお気に入りのチャンネルになるはずです!

フレデリック・ショパン(1810-1849)は、ロマン派時代のポーランドの作曲家で、マズルカ、ワルツ、エチュード、ノクターンからよく知られています。彼はまた、優れたピアノ教師としても知られていました。彼の有名なピアノ作品は非常に詩的なものでした。

ここでは、ショパンの人生に関するいくつかの興味深い事実をご紹介します。

並外れた才能

1810年3月1日に生まれたフレデリック・ショパンは、8歳までにすでに優雅なサロンで演奏しており、Gマイナーでポロネーズを作曲していました。 16歳のとき、彼はすでに複数のピアノ曲を作曲しており、彼の両親は彼をワルシャワ音楽院に通わせました。

ショパンの両親は彼の将来の可能性を感じて、彼をウィーンに送ります。1829年に、ショパンは音楽家としてデビューを果たしました。観客は、ショパンの高度で技術的でありながら、詩的な表現力に魅了されました。

パリでの時代

ショパンは21歳でパリに移り、残りの人生を過ごします。彼は、フランツ・リストやフェリックス・メンデルスゾーンなどの他の若い作曲家との友情を深めていました。ショパンはパリで愛され、パリの素晴らしい談話室で演奏をする傍らピアノのレッスンを行うことで生計を立てていました。ショパンは支払いを求めることに消極的だったため、生徒は彼が目をそらしている間にテーブルにお金を置いていかなければなりませんでした。

ショパンとリスト

フレデリック・ショパンとフランツ・リストには、長く緊密な友情がありました。ショパンとリストは、いくつかの仕事で共同演奏を果たし、お互いに敬意を払いながら羨ましく思っていました。ショパンはリストの卓越したピアノ演奏スキルを羨ましく思っている一方で、リストは愛人のマリー・ダグーがショパンに夢中になっていたことを羨ましく思っていました。一部では、リストはショパンを愛する恋人ジョルジュ・サンドとも非常に仲が良かったと言われています。

ジョルジュ・サンド

1838年、ショパンは作家のジョルジュ・サンド(アマンディーヌ=オーロール=リュシール・デュパン)と長い恋愛関係を築きました。彼女は背が低く、謎めいており、大きな目を持つ葉巻喫煙者でした。ジョルジュ・サンドは、ショパンより6歳年上でした。彼女は最初、「サンドはなんて魅力のない人だろう。本当に彼女は女性なのか?」と発言したショパンを追い払いました。

しかし、1839年3月、ショパンは結核にかかりました。回復後、ショパンとサンドはパリ南部のノアンで共に生活を始めました。それから7年間は、ショパンの人生において、最も幸せで生産的な時間でした。しかし、ショパンとサンドの関係は1848年に終わり、ショパンの精神と健康状態は悪化を迎えました。

最期の言葉

ショパンは1848年11月16日に、ブリテン諸島で最後の公演を行いました。彼はパリに戻り、1849年10月17日に亡くなりました。ショパンの有名な最期の言葉は「母、私の可哀想な母」でした。ショパンの遺書に従い、彼の心臓はポーランドのワルシャワにある聖十字架教会に運ばれました。ショパンは、パリのペール・ラシェーズ墓地に小さな墓とともにポーランドの土で埋められました。

Calm Radioの史上最高のクラシック作曲家たちによる無料のクラシック音楽チャンネル、落ち着いた音楽とリラックスした音楽のすべてをお楽しみください。iPhone、iPad、Android、Apple TV、Alexa、Roku、Sonos、Bluesound、Kindle、またその他の多くのデバイス向けのCalm Radioアプリで無料でお聴きください。

24時間365日無制限の端末で無制限のチャンネルを視聴

インターネットがない環境でも、お好きな場所でオーディオをお楽しみください。Calm Radioは、ユニークなオーディオ体験を提供しています。-癒しの音楽、ネイチャーサウンド、リラックスできる環境-お仕事も、集中も、リラックスも、寝ることもすべてできます。

  • Windows
  • macOS
  • Android
  • iOS
  • Alexa
  • Sonos
  • Apple TV 4
  • Roku